あたいは音響に疎く楽器は全然弾けません。音質の違いも分からず、音符も読めず、指も動かないので、自分には音響の才能はないとしています。赤ん坊が出来上がり、なにか習い事をさせてみようと思った時も、ピアノは眼中に無く、体操やクラブなどが開発に役立つのではと考えていました。けれども移動を通じて、横にピアノレクチャーがありました。住民のお客は引っ越してきて初めから親切にしてくださったお客で、その娘さんが教官をされています。その広がる音調に子どもが興味を持ち、見聞きに誘われたことをきっかけに、習いはじめることになりました。到底私の子どもがピアノに興味を持ち、ひいては割と難なく弾きこなしています。教官からも筋が良いと言われ、恋人のマイホームから古くさいピアノが住居に引っ越してきました。住居にピアノがあることもあたいには違和感でしかありません。それでも、日々楽しそうにピアノを弾く子どもと、教えてもいないのに色んな歌を歌えるようになったまだつまらない次男の様子を見て、気持ち嫌いしていたピアノへの精神が些か変化しました。依然としてちっちゃいのでこの先どうしてすすむのかわかりませんが、私も音質に親しみながら、ぎこちないながらも面白く弾いておる子どもを見守りたいとしています。酵素ドリンク

これまで、色々なピアノの熱唱を聴いてきました。
現在ではインターネットから曲を購入したり、声ホームページを見たり、CDをスマホの方に移したりして聴いてある。特にスマフォにはたくさんの曲が入れられますし、動画飛びもなくすぐに選曲できるので重宝しています。
これまで、クラシックの曲を聴く時折曲を中心に考えていました。好きな曲を知らないほうが熱唱やるのを楽しむ、といった趣でしょうか。熱唱されている方も上級なので、ほとんどこだわらずに聴いていました。だが、とある演奏家だけは僅か聴いただけで一気にわかってしまう。その方は、フジコ・ヘミングちゃんだ。
生い立ちなども読み物などで読んである。はなはだ波乱万丈で個性的なクライアントだからでしょうか、ピアノの動画を聴くだけでフジコちゃんだとわかってしまうのは強いテクノロジーだ。パリの流れをまとって、けしてお天道様が強く射し込むような雰囲気ではない、メランコリーで切なくてきらっというきらめくといったイメージを持っています。http://xn--xck0d2a9bc2114cgbiy63b.xyz